「お年玉付き年賀はがき」は書き損じや未使用でも当選したら交換出来る?【平成30年・2018年】

スポンサーリンク

毎年恒例のお年玉付き年賀はがきの抽選会が2018年1月14日に行われ、当選番号が発表されました。

当選番号は以下のようになっていますが、書き損じや未使用のものでも交換出来るのか調べてみました!

いずれも各組共通!

1等 784640  リンベルスマートギフト(12万円相当/1万点以上の商品・旅行等から選択)または現金10万円)

2等 下4桁 3260 ふるさと小包など

3等 下2桁 27 86 お年玉切手シート

書き損じや未使用の年賀はがきは、、

結論から申し上げますと

「交換出来ます!」

 

書き損じや未使用だからといって、

通常通り、知人・友人から送られてきたはがきと扱いは一緒です。

 

当選された方、おめでとうございます! 新年から縁起が良い!

 

ただし、以下の2点にはご注意ください!

スポンサーリンク

注意点

交換方法

交換方法はシンプルで、当選はがきを最寄りの郵便局に持っていくだけです。

切手シートは即日交付、その他の商品は後日郵送されます!

当選はがきの交換期限

当然ですが、お年玉付き年賀はがきには交換期限があります。

2018年は1月15日から7月17日までとなっています。

 

「まぁまだ半年あるし~~」と安心していると、

せっかく当たったのにいつの間にか忘れてしまって、気づいたら期限が過ぎていた、、

なんていう悲劇も起こりえます。(笑)

 

そんな悲しい事態を避けるためにも、なるべく早めの交換をおすすめします!

外れたしまった方へ!

「外れて悔しい!当たった気分になりたい!」というアナタへ、2等・3等に相当するグッズをご紹介しておきます!

 

喪中・寒中見舞いを書く方

年賀状のお返事も含め、喪中・寒中見舞いを書く方には、

こんなお得な印刷サービスもありますので、参考にしてくださいね!


まとめ

いかがでしたか?

私自身、実はこれまで書き損じや未使用のものは、そもそも当選のチェック対象から外していました。(笑)

もしかしたら当たっていたものもあったかもしれないのに、、(泣)

 

そんなお粗末な事態にならないよう、この記事が参考になれば幸いです!

お読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です