MIZUNO(ミズノ)から2018年春販売予定のMAQ(マキュー)が楽しみ過ぎる!

スポンサーリンク

大手スポーツ用品メーカー・MIZUNOが開発中のボール解析システム「MAQ(マキュー)」。

 

「魔球」から取られたネーミングですが、なんとこのシステムを組み込んだボールは、ボールの回転数や回転軸、速度などが分析可能で、2018年春の販売を予定しているとのこと!

私も草野球でピッチャーをやっていまして、このボールの販売が待ち遠しい!

そこでこの記事では、現在のところ分かっている情報などをまとめてみました!

上の写真は、雑誌に載っていたもので、販売はまだです!

ページコンテンツ

仕様

ボールに内蔵されたセンサーでデータを取得し、専用アプリと連動させることで、投げたボールの回転軸や回転数、速度などを分析します。

データを元に球質を可視化出来るというわけです!

質量やバランスは通常の硬式球と同じで、使用感も変わらないとのこと!

メリット

野球に限らず、球技をする人全てにとっての永遠の課題の1つに

「自分の投げた(蹴った)球を自分では受けられない」ということがあると思います。

 

特に野球の場合、球筋がとんでもなく大きな変化をしている場合は別にして、

キャッチした相手が「変化したよ!」と答えたところで、

投げた本人からするとイマイチそれがはっきり分からず、面白くないというのは私自身何度も経験があります。

プロの野球中継ですら、「今のスライダーなの、、か、、??」と、球種の判別が難しいケースはあるくらいですからね。

 

最新の技術を駆使して解析するメジャーリーグなどはさておき、

  • 自分が意図した通りに回転しているか
  • 逆に投げ方のブレが回転に影響していないか

 

といったことは、プロレベルのプレーヤー以外には知る術が無かったわけで、「MAQ」には大きな期待が持てます!

 

また、スピード測定が出来るボールはいくつか市販されているのですが、

 

そういうグッズの場合、上の写真のように測定装置が思いっきり埋め込んである形が大半なので、

重さのバランスがあまり宜しくないことが少なくないです。

 

その点、前述の通り「MAQ」は

質量やバランスは硬式球と同じとのことなので、さらに期待が膨らみます!

価格

2018年1月現在では、まだ価格は公表されていません。

性能が性能なだけに、良いお値段になってしまうことも考えられます。

 

また、発売時期に関しても、大々的にアナウンスされるわけではないかもしれませんので、

MIZUNO(ミズノ)のオフィシャルショップを覗いてチェックして頂ければと思います!

ちなみに、あまりに無茶な値段でなければ私は買いますので、GETしたあかつきには報告します!

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

 

お読み頂き、ありがとうございました!

 

野村克也ベースボールギャラリーの概要とアクセス・駐車場情報まとめ!

2018.03.17

巨人の上原浩治投手の変化球・スプリット(SFF)の握り・投げ方・凄さに迫る!

2018.03.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です