Mステに出演したロックバンド・Franz Ferdinandのおすすめ&代表曲をご紹介!【2018年1月26日放送】

2018年1月26日に放送された音楽番組・ミュージックステーションに

イギリスはスコットランド・グラスゴー出身のロックバンド・Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンドが出演し、話題になっています。

(歌手のJUJUさんが彼らの通訳を担当!)

 

この記事では、そんな彼らの代表曲と共に、彼らの魅力をご紹介していきます!

Franz Ferdinandってどんなバンド?

Franz Ferdinandは「女の子が踊れるロック」をテーマに結成されたバンドです。

音楽的にはキレの良いギターとキャッチーなメロディが特長的で、2004年のデビュー以来、日本でも高い人気を得ています。

また、彼らのスタイリッシュなファッションも魅力の1つ!

Franz Ferdinandの代表曲

彼らの代表曲を、これまでにリリースされたアルバムから各1曲ずつご紹介していきます!

Take Me Out/テイク・ミー・アウト(2004)

世界的なヒットを記録した1stアルバムから。

強引な展開ながら緻密に計算された楽曲と、クセになるメロディで彼らを一躍スターダムに押し上げた出世作です!

Do You Want To/ドゥー・ユー・ウォント・トゥー(2005)

1stアルバムでの成功から来るプレッシャーを見事にクリアした2ndアルバムからの傑作シングル。

古今東西色んな曲がありますが、この曲よりキャッチーなものはなかなか無いと思えるくらいポップな1曲!

No You Girls/ノー・ユー・ガールズ(2009)

音楽性は過去2作の延長線上ながら、より大人っぽいサウンドに挑戦した3rdアルバムから。

サビは大声で合唱するしかないFranz節!

Right Action/ライト・アクション(2013)

シンプルなバンドサウンドに原点回帰した4thアルバムから。

この記事を書くにあたって、久しぶりにフランツを聴きましたが、1発で覚えられるメロディを作れる才能は改めてエグいです!

 

Always Ascending/オールウェイズ・アセンディング(2018)

元々彼らが持っていた怪しげな魅力を増幅させた最新作からのナンバー。

サウンドはこれまで以上に凝っていますが、それ以上に感じるのが「めっちゃパワフル!」ってことです!

参考記事

まとめ

 

誰でも口ずさめるような曲は日本だけではなく、世界的に見ても少なくなってきています。

ですが、「フランツの楽曲は老若男女問わず多くの人が楽しめる!」ということはお分かり頂けたのではないでしょうか?

今回のMステをきっかけに知った方は、是非他の楽曲も聴いてみて欲しいです!

 

Amazonの聴き放題サービスであれば、30日間の無料体験付きで、

フランツの楽曲はもちろん、100万曲以上の楽曲を楽しめるのでおすすめです!

 

音楽好きであればマストかなと思えるほどのコンテンツなので、是非一度試してみてくださいね!

お読み頂き、ありがとうございました!