コインチェック流出問題で話題のビットコイン「NEM」の名前の由来とは?

スポンサーリンク

出川哲朗さんもCMに出演していたビットコインの会社の通貨が流出して大変な騒ぎになっていますね。

問題の発端となったのはCoincheck(コインチェック)株式会社の脆弱なセキュリティーですが、そもそもこの度話題になっているビットコイン「NEM」の名前の由来が気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

NEMに名前の由来

NEMは、仮想通貨市場で時価総額・第10位くらいに位置している有力アルトコインの1種です。

そして、そんなNEMの名前の由来は、、

元々は、 New Economy Movement(新しい経済運動)の略称であったようです。

「金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクト」というのが、NEMが生まれた背景となっているようです!

 

仮想通貨の名前を決めるにあたって、何か特別な決まりなどがあるわけではありませんので、発案者及び関係者たちが響きが良く、前向きな意味を込めてネーミングしているケースが多いようですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です