東京メトロ日比谷線の電車車内で流れる音楽BGMの曲名は何?

東京メトロ(東京地下鉄)は、2018年1月より、日比谷線車内でBGM放送を試行運用すると発表しました。

音楽というものは究極を言えば個人の趣味に帰結するもですから、

賛否両論は必至だと思われますが、中には「この曲良い曲だな~!なんていう曲か知りたい!」と思う方もいらっしゃるはず!

というわけで、この記事では2018年1月現在において、東京メトロ日比谷線車内で流れているBGMについて迫ってみました!

アナタが気になった曲をどれか当てることは出来ないですが、YouTubeの動画を添付していますので、参考にしてくださいね!

 

流れているBGM全6曲

クラシック

「月の光」ベルガマスク組曲より/クロード・ドビュッシー作曲

「ノクターン」第2番変ホ長調 作品9-2/フレデリック・ショパン作曲

「春の歌」作品62-6/フェリックス・メンデルスゾーン作曲

ヒーリング音楽

ヒーリング音楽に関してはYouTube上に音源が無かったのですが、作曲家のMITSUHIROさんという方が作曲された楽曲が以下の3曲が使われています。

・「朝空を開いて」
・「そよぐ緑」
・「陽を浴びて」

上記の楽曲は収録されていませんが、MITSUHIROさんがリリースされている音源はいくつかありますので、気になる方は是非チェックしてみてください!

まとめ

電車の車内にBGMという、今までありそうでなかった試み。

今後どういった展開をみせるのか注目です!

お読み頂き、ありがとうございました!

 

Amazon Prime Musicなら今回ご紹介した楽曲はもちろん、

100万曲以上が聴き放題なのでおすすめです!

 

スポンサーリンク