ロシアワールドカップ2018の注目選手5選!【南米・フォワード(FW)編】

遂に開催まであとわずかに迫ったFIFAワールドカップ2018・ロシア大会。

大会をより楽しめるように、注目選手をピックアップしてご紹介していきます!

今回は南米のチームでプレイする選手の中から、フォワードの中から5人をチョイスしました!

 

ウィリアン(ブラジル代表/チェルシー)

 

個人技やスピードも特筆すべきレベルにあるウィリアンですが、

特にすごいのがシュートへの意識とその精度。

 

ワンフェイク入れて、すぐさま強烈なミドルを放つウィリアンは

「ボール1個分のスペースがあればシュートは撃てる」というサッカーの基本原則を再確認させてくれます。

 

特にこの試合での彼は凄かった!

 

このレベルのクオリティーを持つ彼ですら、レギュラーを確約されているわけではないところに

現在のブラジル代表の層の厚さが表れていますね。。

 

ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表/マンチェスター・シティ)

 

上記のウィリアンをはじめ、ネイマール、コウチーニョ、フィルミーノなど、タレント揃いのブラジル代表の前線。

その中でも、本命と言えるのは、彗星のように現れた若干21歳のジェズスでしょうか。

 

マンチェスター・シティにおいても、怪我で離脱するまでの間、

抜群の実績を誇るアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを控えに追いやった実力は半端じゃありません。

 

代表においてもセンターフォワードの軸になるのはおそらくジェズスで、

彼が活躍すればするほど、ブラジルの戴冠可能性が増すこと間違いなし!

 

リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)

 

やはり、この人の名前を挙げないわけにはいきません。

もしかすると彼にとって現役最後のワールドカップになる恐れもある今大会。

 

数え切れないほどの名誉を得てきた彼に、唯一足りないのがワールドカップでのトロフィー。

今大会のオッズは決して高くないアルゼンチン代表が躍進するためには、

そしてメッシが真の意味での「歴史上最高のプレーヤー」になるためには、彼自身の爆発が不可欠です。

 

ラダメル・ファルカオ(コロンビア代表/ASモナコ)

 

近年、移籍した先のチームが水に合わず、難しいシーズンを過ごしてたファルカオですが、ASモナコ復帰により完全復活。

元々のポテンシャルの時点で、世界屈指のセンターフォワードでしたから、

そんな人間が自信を取り戻した日には、、

 

とにかく「ワンチャンス」があれば仕留めてしまう抜群の決定力を持つファルカオの存在は

どんな対戦相手にとっても恐ろしいことこの上ないです。

(奇しくも日本は初戦で対戦。ファルカオをはじめ、

コロンビアは調子を落としていた選手が軒並み好調を維持しているので、大爆発も充分有り得ますね!)

 

エディソン・カバーニ(パリサンジェルマン/ウルグアイ代表)

 

所属するパリSGでは、ネイマールとの舌禍騒動に巻き込まれている(?)

可哀想なカバーニさんですが、「過小評価にもほどがあるぜ!」と思えるほどの実力者です。

 

キャリアを通じて高い決定力を維持し、コンスタントにゴールを量産してきました。

その器用さゆえ、サイドなどで使われることもありますが、彼の適正はセンターフォワード。

ウルグアイ代表では、その役割に専念出来ることから、活躍が期待されます!

 

まとめ

 

改めて見てみると、やはり南米には強力なフォワードが数多くいますね。

今回ご紹介したプレーヤーたちはいずれも、独力で局面を打開出来る能力を持っているがゆえ、

「ちょっと目を離した間にゴールを決めていた」なんてことが充分起こり得るので、要チェックです!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

 

ロシアワールドカップをもう一度視聴出来るのはU-NEXTだけ!

映像配信サービス・U-NEXTでは、

ロシアワールドカップの日本戦(全3試合)、決勝トーナメント(全16試合)の配信を行っています。

 

もちろん、パソコンでもスマホでも視聴可能。

31日間の無料トライアルも出来ますので、今すぐチェック!

 

 

ロシアワールドカップ2018の注目選手5選!【南米・ミッドフィルダー(MF)編】

2018.04.02

ロシアワールドカップ2018の注目選手5選!【ヨーロッパ・フォワード(FW)編】

2018.03.30

ロシアワールドカップ2018の注目選手5選!【ゴールキーパー(GK)編】全出場国から選出!

2018.06.13