江坂のラーメン屋・武者麺SEAが武者麺の変にリニューアルしたけど前の方が確実に良かった件。

大阪府吹田市江坂にあったラーメン屋「武者麺SEA」が「武者麺の変」としてリニューアルオープンしました。

 

リニューアルオープンということは裏を返せば、

前の業態がダメだったという可能性が極めて高いわけです。

 

それに加えて、メインメニューがラム豚骨と鴨鶏中華そばということで、イヤな予感しかしてませんでした。

 

「とりあえず延命措置として、

付け焼刃な飛び道具(ラム)で目線を変えただけやろ?」と。

 

そのイヤな予感は的中しました。

 

鴨鶏中華そばに関しては、昔ながらのラーメンを好む方にはギリOKなのかもしれませんが、

どちらも完成度低すぎです。

 

このラーメン戦国時代で生き残れるクオリティーだとは到底思えません。

連れていった友人も非常にがっかりしていて、申し訳ない気持ちになりました。

 

江坂にずば抜けて美味しいラーメン屋があるとは思いませんが、わざわざここを選ぶ理由は全くないですね。

 

リニューアル前の武者麺SEAは、オリジナリティーこそあまり無かったものの

種類も多く、どれもそこそこ美味しく、かなり使い勝手が良かっただけに非常に残念です。

(元々、立地があまり良くないということは言われていましたけどね、、)

 

ここに行くぐらいなら、同じ江坂にある武者麺本店に行かれることを強くおすすめします。

そっちのほうが絶対美味しいです。

(「本店より「武者麺の変」の方が美味しいと言う人なんか存在するの?」というレベル。)