エンゼルス・大谷翔平投手の変化球・スプリット(SFF)の握り・投げ方・凄さに迫る!

日本ハムファイターズからアナハイム・エンゼルスへの移籍を果たした大谷翔平選手。

夢の二刀流をメジャーリーグでも実現させていて、世界的に注目が高まっています。

 

そんな彼のピッチャーとしての大きな武器の1つが「スプリット」という変化球です。

元々日本でも投げていましたが、メジャーではそれ以上に猛威を奮っているので、握りや投げ方、凄さに迫っていきます!

 

スプリットとは?

 

スプリット・フィンガード・ファストボール(Sprit Fingered Fastball)の略で、SFFと呼ばれることもあります。

ストレートとほとんど変わらない速度で打者に向かっていき、直前でストンと落ちる変化球です。

ピッチャーにもよりますが、ストレートの速度と5km/hほどしか変わらないため、バッターは非常に困惑させられるボールです。

 

スプリットの握り

 

上で書いた、Split Fingerd Fastballという名称は、そのまま握りを表しているとも言えます。

通常のストレート(fastball)は、以下のように指を揃えて握るのが一般的です。

 

それに対して、スプリットは

split=裂ける

fingerd=指の

という意味になります。

 

つまり、「裂ける(くらい)指を広げて握るファストボール(ストレート)」くらいのニュアンスになります。

具体的にはこんな感じです。

人差し指と中指を縫い目にかけないのが一般的なフォークとは違い、

両方の指を縫い目の外側にかけることが多く、大谷投手も基本形はこれです。

スプリットの投げ方

 

ピッチャーによって投げ方は様々ですが、

手首を固定したまま、ストレートと同じように投げるのが一般的です。

 

原理としては、「指を開いて投げれば投げるほど、ボールに伝わる力は弱くなるので、

その分勝手にスピードが落ちる」という考え方をするピッチャーが多いです。

 

他の変化球にも言えますが、「落とそう、変化させよう」と意識しすぎると、コントロールを乱す原因になります。

 

大谷投手のスプリットのスゴさ

 

① 90マイル(145km前後)のスピード

 

ストレートと比較した時に、ほとんどスピードが変わらないのがスプリットの特長です。

そのスピードの差は、ピッチャーによって多少幅がありますが、

だいたいストレートより10マイル(16km)ほど遅いのが一般的です。

 

150km中盤~後半のストレートを常時投げる大谷投手ですので、スプリットでも145km前後が出ています。

このスピードで向かってきて、さらにそこから変化もするとなると、実力のあるバッターでも対応はかなり難しいです。

 

② 落差が非常に大きい

 

実は大谷投手は、日本ではスプリットではなくフォークを投げることのほうが多かったピッチャーです。

フォークも非常に落差が大きかったのですが、元々コントロールが難しい球ということもあり、大谷投手ほどのピッチャーでもミスピッチは少なくありませんでした。

 

ところで、メジャーで使用されるボールは、日本のものと比べてかなり滑りやすいです。

日本のピッチャーがメジャーに挑戦する際、対応に苦慮するケースが多いのですが、

大谷投手の場合は、それが完全にプラスに働いているというか、ボールとの相性が良く、上手くアジャストした印象です。

 

また、コントロールを重視してフォークからスプリットに変えた結果、すっぽ抜ける心配をせずに思い切り腕を振ることができています。

そのため、スプリットでありながらフォークに匹敵するような変化量を実現させています。

 

田中将大投手やダルビッシュ優投手など、スプリットを武器にして活躍している日本のピッチャーの中でも

キレ・変化量ともに大谷投手の方が上と言ってもいいくらいで、

そうそうのことでは打たれない伝家の宝刀になっています!

 

まとめ

 

映像で観るだけでも、ちょっと異常なくらい落ちていますし、

もちろん簡単に真似は出来るはずもないですが、参考にしてみてくださいね!

お読みいただきありがとうございました!

 

スプリットを投げられなくても、ユニフォームを着た日にはアナタも大谷翔平に!

スポンサーリンク