2018年のJリーグでブレイクが期待される若手選手を5人をプレースタイルと共にご紹介!

この記事では、Jリーグで活躍している将来有望な若手選手5人をご紹介します!

 

Jリーグはもちろん、2020年東京オリンピックの舞台で活躍している姿を見たい選手たち!

紹介している5人全員が、東京五輪出場資格を持つ年齢です!

 

今からチェックしておきましょう!

 

三好康児

所属:コンサドーレ札幌 1997年3月26日生まれ(21歳) 167cm61kg

ポジション:トップ下、右サイドハーフ

 

川崎フロンターレユース出身の21歳。東京五輪世代の10番を担う、絶対的司令塔

共にプレーした、川崎フロンターレ大久保、家長ら多くの選手が「今後が楽しみな若手選手」にこの三好を挙げています。

 

167cmと小柄ながら、左足の細かいタッチで繰り出すドリブルはJ1でも既にトップクラスです。

 

2018年に層の厚いフロンターレから札幌に移籍し、好調札幌をけん引しています。

所属チームでも得点、アシストという目に見える結果が付いてくれば大化けする可能性も!

 

板倉滉

 

所属:べガルダ仙台 1997年1月27日生まれ(21歳)186cm75kg

ポジション:センターバック、サイドバック、ボランチ

 

三好と同じく川崎フロンターレユース出身の21歳。

186cmと高身長で、複数のポジションをこなすポリバレントさも兼ね備えています。

 

ボランチでは少ないタッチでゲームをコントロールし、センターバック仕込みのヘディングで相手の攻撃を跳ね返す。

AFCU-23選手権ではボランチながら2試合連続のゴールを決め、決勝トーナメント進出に大きく貢献しています。

 

高さ、技術を兼ね備えた大型ボランチとして今後に期待したいです!

 

藤本寛也

 

所属:東京ヴェルディ1969 1999年7月1日生まれ(18歳)175cm 67kg

ポジション:ミッドフィルダー

 

東京ヴェルディユース出身の18歳。

17歳でトップ昇格が内定していた逸材レフティ。

 

2018年5月にはJ初ゴールも決めており、チームでも定位置を確保しつつあります。

特徴は中に切り込んだり、縦を切り裂くタイミングのよいドリブル。

 

身体のキレも鋭く、DFは不用意に足を出すと交わされてしまう。

視野も広く、J2とはいえ18歳とは思えない落ち着いたプレーを披露しています。

 

いわゆるファンタジスタにありがちな¨守備は弱め¨ではなく、

相手選手がベテランでも削りに行くぐらいの守備での闘争心も魅力です。

 

早くJ1の舞台で見てみたい選手です!

 

岩崎悠人

 

所属:京都サンガFC 1998年6月11日生まれ(20歳) 171cm 69kg

ポジション:フォワード、サイドハーフ

 

京都橘高校出身の20歳。

 

高校選手権では、市立船橋相手に孤軍奮闘しましたが、杉山(現ジェフ千葉)のフリーキック一発に敗れました。

しかし、その能力は本物で、高校卒業時には、J6クラブからオファーを受けました。

 

また、「高校を過ごした京都に恩返しがしたい」と当時J2の京都サンガ入りを決めた人情肌の選手でもあります。

 

彼の特徴は日本人離れした身体能力です。

フランス代表のムバッペを思わせる、スプリントの効いたドリブルで相手DFを置き去りにします。

 

京都サンガはJ2で低迷していますが、京都橘高校の先輩である小屋松、仙頭らと共に順調に出場機会を得ています。

「俺がチームを勝たせる」という強いストライカー魂を発揮し、もっとエゴを出していけば今よりもっとDFの脅威になる存在です!

 

藤谷壮

 

所属:ヴィッセル神戸 1997年10月28日生まれ(21歳)178cm 61kg

ポジション:サイドバック

 

ヴィッセル神戸ユース出身の21歳。

「クラブ史上最年少で、トップチーム昇格を果たした期待のサイドバック」で、

チームでも定位置を確保し、順調に成長しています。

 

ビルドアップ、攻守においてのポジショニングの質がとても高く、

若手とは思えないほど落ち着いて神戸のボールポゼッションに貢献しています。

 

サイドバックにありがちな、縦パスを簡単に失うというシーンも少ないです。

ポドルスキ、ハーフナーマイク、渡辺千真とゴール前にターゲットが多いヴィッセル神戸。

 

クロスの要求も多いためか、もともと高い精度のクロスにより磨きがかかっています!

 

まとめ

 

以上がJリーグで活躍している将来有望な若手5人でした!

全員が世代別の日本代表に選ばれている選手たちなので、今後の活躍が楽しみです。

近い将来A代表でその活躍している姿が見たいです!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

 

ワールドカップの見逃し視聴が出来るのはU-NEXTだけ!

映像配信サービスU-NEXTでは、

ロシアワールドカップの日本戦(全3試合)、決勝トーナメント(全16試合)の見逃し配信を、

NHK総合テレビ・BSで放送した翌日より行っています!

 

もちろん、パソコンでもスマホでも視聴可能です!

31日間の無料トライアルも出来ますので、今すぐチェック!

 

 

 

Jリーグ・ヴィッセル神戸のスペイン代表イニエスタの弱点とは? 他クラブはどう対策を練るべき?

2018.06.11

サッカー日本代表BIG3(本田圭佑・香川真司・岡崎慎司)のグッズまとめ!【ロシアワールドカップ2018】

2018.06.12

スポンサーリンク