2018ロシアワールドカップでダークホース候補となる国はどこ? どの大会でも番狂わせは必ず起きる!

世界中の注目が集まるロシアW杯2018において、番狂わせを起こす可能性があるダークホース候補の国をご紹介します!

あまり下馬評の高くなかった国が躍進するというのは、「W杯あるある」とも言えるのでチェックしてみてくださいね!

 

コロンビア

 

コロンビアを「ダークホース」と呼ぶのは、彼らに対して失礼かもしれません。

つまり、それくらいに今のコロンビアは強い!

 

パワー・テクニックに優れる選手が多い上に、

名将ペケルマン監督の手によって規律も兼ね備えるチームに仕上がっていて、完成度は本当に高いです。

波に乗れば優勝も狙えると個人的には思っています。

 

ちなみに日本代表はグループリーグ初戦でコロンビアと当たりますが、これはもう運が無いとしか言いようが無いですね。

10回やって1回勝てるかどうかも微妙なくらい。。

 

ベルギー

 

ベルギーも、「ダークホース」と呼ぶにはあまりに戦力が充実しています。

実際、普通に優勝候補に挙げる人もいるでしょう。

 

ただ、ベルギーは移民の国ということもあってか、

有り余る戦力が一致団結出来ておらず、チームの完成度はあまり高くありません。

 

なので、サッカーに詳しい人ほど、ベルギー代表の評価は低い傾向にあると思います。

ですが、世界最高の司令塔の1人との呼び声が高いケビン・デ・ブライネを始め、極めてポテンシャルの高い選手がたくさんいますので、

ふとしたきっかけで大爆発する可能性は充分秘めています。

 

クロアチア

 

ヨーロッパ予選では調子が上がらず、プレーオフを経て辛くも出場を決めたクロアチアですが、

なぜそんなことになるのか全く理解出来ないほど世界最高クラスの選手が揃った陣容を誇っています。

 

特に、レアルマドリードのモドリッチ・コバチッチ、FCバルセロナのラキティッチを軸とする中盤は

汗かき役も厭わないテクニシャンが揃っていて、非常に魅力的。

ノーマークから最終的に3位になった1998年フランス大会の再現も夢ではないです!

 

アイスランド

 

クロアチア・トルコ・ウクライナといった曲者たちを尻目にワールドカップ予選を首位通過し、同国至上初となるワールドカップ出場を果たしたアイスランド。

ワールドクラスの選手は皆無で、強豪国と比較すると戦力的には1枚も2枚も劣りますが、その分チームワークは抜群で、本大会でも旋風を巻き起こすかもしれません。

 

ハードワーク出来る選手が揃っていて、とにかく粘り強い戦いの出来るチームになっていますので、「アイスランドは侮れん」と言っておけば通ぶれる!かも!

 

まとめ

 

ワールドカップに出場する国はどこも一定以上の戦力を抱えていますし、

以前と比べれば各国の戦力差は縮まってきていますので、完全にノーマークの国が躍進する可能性も大いにあります!

注目していきましょう!

 

 

ロシアワールドカップをもう一度視聴出来るのはU-NEXTだけ!

映像配信サービス・U-NEXTでは、

ロシアワールドカップの日本戦(全3試合)、決勝トーナメント(全16試合)の配信を行っています。

 

もちろん、パソコンでもスマホでも視聴可能。

31日間の無料トライアルも出来ますので、今すぐチェック!

 

 

 

【ロシアW杯2018】サッカー日本代表のおすすめ応援グッズをまとめてみました!

2018.03.31

日本代表の主要メンバーの使用スパイクまとめ【2018FIFAロシアワールドカップ】

2018.03.28

ロシアワールドカップ2018の得点王とMVPを勝手に予想してみた!

2018.06.13

スポンサーリンク