2018ロシアワールドカップ注目選手4選【センターバック(CB)編】全出場国から選出!

スポンサーリンク

遂に開催まであとわずかに迫ったFIFAワールドカップ2018・ロシア大会。

大会をより楽しめるように、注目選手をピックアップしてご紹介していきます!

今回はセンターバックの中から4人をチョイスしました!

 

サミュエル・ウンティティ(フランス代表)

 

フランスの名門リヨンの下部組織で育ち、年代別代表に選ばれ続け2016年にA代表デビューしました。

2016年に、スペインの名門バルセロナに入団し、センターバックとして絶賛活躍中の24歳。

 

特筆すべきプレーは何と言っても

正確無比な左足が繰り出すパスの質の高さ。

 

世界最高とも称されるバルセロナのパスサッカーにおいて相手から奪ったボールを正確に味方につなげるのも彼の強み。

MF顔負けの質の高い縦パスは攻撃のスピードを一気に加速させます。

 

180cmとDFとしては小柄ながら、驚異的な跳躍力でヘディングにも競り勝ちます。

タッグを組むヴァランと共に、古豪復活に貢献できるか!

 

ラファエル・ヴァラン(フランス代表)

 

25歳の若さで世界最強のレアルマドリードで114試合に出場している逸材。

ジダン監督の厚い信頼もあり、スタメンに定着し、獲得タイトルは既に15にも及びます。

鹿島アントラーズと準決勝を戦った2016年のクラブワールドカップにもスタメン出場しています。

 

彼の特徴は、堅実に全てのプレーをミスなくこなすベテランのようなプレー。

 

DFにありがちな、熱くなってプレーを取り乱すということもほとんどありません。

「スピード、カバーリング、足元の技術、ヘディング」全て世界最高レベルです。

 

ウンティティとタッグを組み、強固なディフェンスで

恩師ジダン監督が現役時代に残したワールドカップ準優勝の記録を超えられるか!

 

セルヒオ・ラモス(スペイン代表)

 

所属するレアルマドリード・スペイン代表の両方でキャプテンを務める絶対的闘将。

スペインの名門セビージャの下部組織で育ち、18歳でトップチームデビュー。

19歳でレアルマドリード相手に無回転フリーキックを沈め、レアルマドリード移籍を勝ち取りました!

 

彼のプレーの特徴は

ケガを恐れない闘志むき出しのディフェンスと得点力!

レアルマドリード移籍後、13シーズン連続ゴールも記録しています!

 

しかし、その闘志からDFとしては致命的な退場になることも多いです。

退場せずに熱いプレーを続け、スペインを優勝に導けるでしょうか!

 

チアゴ・シウバ(ブラジル代表)

 

史上最強の呼び声高いカナリア軍団ブラジルのキャプテン。

堅実かつ冷静なプレーで、王国ブラジルのDFラインをまとめる。

 

「2014年のワールドカップ前回大会ベストイレブン。」

イタリアの強豪ミランで経験を積み、2012年にフランスのパリ・サンジェルマンに移籍。

ブラジルの至宝ネイマール、フランスの神童ムバッペらをキャプテンとしてDFラインからけん引しています。

 

彼の特徴は

ペナルティエリア内で強さを発揮し、ドリブルやクロスでの侵入を許さない

ブラジル仕込みのテクニックもあり、プレスをかけてきた相手選手を手玉に取るのも魅力。

ネイマール、コウチーニョ、マルセロら最強メンバーと共に前回大会準優勝の借りを返せるか!

まとめ

 

ゴールキーパーが「最後の砦」と称されることが多いですが、

センターバックこそ、自分が抜かれたら、マークを外したら終了(の可能性大)という過酷な運命にあります。

 

彼らが対峙するのは各国のモンスターばかりですが、だからこそ1番アツいバトルを目にすることが出来ますので、

注目していきましょう!

 

ワールドカップの見逃し配信はU-NEXTで!

U-NEXTでは、ロシアワールドカップの日本戦(全3試合)、決勝トーナメント(全16試合)の見逃し配信を

NHK総合テレビ・BSで放送した翌日より行っています!

31日間の無料トライアルも出来ますので、今すぐチェック!

 

 

 

ロシアワールドカップ2018の得点王とMVPを勝手に予想してみた!

2018.06.13

ロシアワールドカップ2018の注目選手5選!【ゴールキーパー(GK)編】全出場国から選出!

2018.06.13

サッカー日本代表BIG3(本田圭佑・香川真司・岡崎慎司)のグッズまとめ!【ロシアワールドカップ2018】

2018.06.12

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です