H組グループリーグ第2戦・日本対セネガル戦を視聴した感想!【ロシアワールドカップ2018】

この記事では、ロシアワールドカップ2018の日本対セネガル戦を観た感想について書いています!

 

以下感想!

 

前半の感想

 

まず、試合開始直後からセネガルがギアを上げてきたことにびっくりしました。

 

日本は第1戦のコロンビア戦で、相手の立ち上がりの緩慢さを突いて得点&退場劇を演出しましたが、

あれと同じ狙いをセネガルは持っていたんだと思います。

 

実際日本は、アフリカ勢特有のリズムに戸惑い、特に守備面はかなりバタバタしていました。

 

なので、もちろん1点目のシーンは原口選手、川島選手の不用意なプレーが招いたものでしたが、

その前段階でチーム全体のオーガナイズが崩されていたので、

仮にあの場面を防いでいたとしても、失点していた可能性は高かったと思います。

 

今後、立ち上がりから虚を突いてくるチームと対峙することもあると思いますので、

そのあたりはもう一度共通理解を確認してもらいたいですね!

 

そして乾選手。

彼の得意なゾーンからのシュートでしたが、よく決めてくれました。

 

前半途中から日本は持ち直し始め、チャンスを作っていたとはいえ、

イーヴンで前半を終えるのとビハインドで前半を終えるのは、メンタル的にも天と地の差がありますから、

あれはかなり大きかったと思います。

 

広い視野で対角のサイドチェンジを通した柴崎選手、体を残して乾選手に繋いだ長友選手も素晴らしかった!

 

後半の感想

 

そして後半。

近年ではアフリカの国々も組織的なサッカーを展開するようになりましたが、

その中でもセネガルは、アリュー・シセ監督が非常に規律正しいチームに仕上げてきています。

 

しかしながら、元々持っている気質の根っこ部分を隠し通すことが出来ないのがサッカーの面白さの1つ。

 

日本の選手が90分、各々に与えられたミッションを遂行し、ファイトし続けたのに対し、

セネガルの選手は徐々に、元々持っている「ラフ」な気質の部分が顔を出し始め、

ポジションニングやマークなどがかなりアバウトになっていきました。

 

日本はそこを逃さず、前半以上に攻撃的なニュアンスを強めたサッカーを展開出来ました。

だからこそ、いくつかあった決定的なチャンスを決めきれず、逆に隙を突かれて失点してしまったのは本当に痛かったです。

 

ただ、これまでであれば、あの時点で「THE END」になっていたのが日本代表ですが、

我らが本田さんがやってくれましたね。

 

ごっつぁんゴールにも見られがちですが、解説の都並さんもおっしゃってた通り、

あれを確実に決めるのはかなり高度な技術です。

 

スピードや体のキレは衰えを隠せませんが、やはり何か持っているのが本田圭佑なのでしょう!

 

まとめ

 

確かにセネガル戦は勝てた試合だったかもしれませんが、負けていた可能性も充分ありました。

サッカーにおいて、内容と結果が比例しないケースも少なくないですが、

今回の試合に関して言えば、両チームとも納得の行く結果だったのではないかと思います。

 

また、ゴールを決めた乾選手・本田選手、技術に加え闘争心を全面に出していた柴崎選手は素晴らしかったですが、

誰も触れないと思うので、他にも1人挙げておきます。

 

それは昌子選手です!

 

ワールドカップ本戦に入ってからいきなりレギュラーになったと言ってもいい昌子選手ですが、

コロンビア戦・セネガル戦共に、信じられないくらい落ち着いてプレーしています!

 

レギュラーだった槙野選手も良い選手なのですが、少し軽率なプレーが目立つタイプだった分、

昌子選手はより安心して見ていられます。

 

おそらくはこのままレギュラー起用が続くと思うので、吉田選手と共に、DFラインの門番として頑張って欲しいです!

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

ロシアワールドカップをもう一度視聴出来るのはU-NEXTだけ!

映像配信サービス・U-NEXTでは、

ロシアワールドカップの日本戦(全3試合)、決勝トーナメント(全16試合)の配信を行っています。

 

もちろん、パソコンでもスマホでも視聴可能。

31日間の無料トライアルも出来ますので、今すぐチェック!