ユベントス所属のポーランド代表GKシュチェスニーのプレースタイルをご紹介!

いよいよ開幕したロシアワールドカップ2018。

日本代表が強豪コロンビアを撃破するなど、番狂わせ続きの大会は大きな盛り上がりを見せていますね!

 

そんな日本代表が、グループステージ第3戦で戦うポーランド代表。

既にグループリーグ敗退は決定しているポーランドですが、

各ポジションに質の高い選手の揃ったチームで、油断は禁物です。

 

そこでこの記事では、ポーランドのゴールを守るGK・シュチェスニー選手について迫っていきます!

 

シュチェスニー選手のプレースタイル

 

性格は非常に物静かだそうですが、シュートに対する反応は速いです。

また、守備範囲も広く、195cmの長身GKながら敏捷性もあり、非常に総合力の高いキーパーです。

後述しますが、厳密に言えば、総合力の高いキーパーに「なった」という方が正確です!

 

シュチェスニー選手の弱点

 

そんなシュチェスニー選手ですが、弱点はあります!

 

それは、世界トップレベルのキーパーと比べた時に、凡ミス(やらかし)が多いキーパーであること。

キャッチミスや判断ミスなど、やや集中力を欠く傾向にあります。

 

ちなみに、前所属のイングランドプレミアリーグ・アーセナル在籍時には凡ミスを連発し、

シュチェスニーを「お笑いゴールキーパー」扱いするサッカーファンも多かったです。笑

ちなみに、アーセナル時代にシュチェスニーがポジションを奪ったのは、

日本が下したコロンビア代表の正GK・オスピナ選手!

 

ユベントスに移籍してからは、格段に安定感が増した印象ですが、それでも元々持っている資質というのは必ずどこかで顔を出します。

なので、日本代表としては、得意の素早い攻撃で揺さぶっていきたいところ!

 

まとめ

 

記事の内容的に「シュチェスニーってしょぼいの?」と思わせてしまう感じになっているかもしれません。

 

しかーし! それは違います!

なぜなら、前述のユベントスは、レジェンド中のレジェンドである正GK・ブッフォンの引退後の後継者を

シュチェスニーに決めたという報道もあるほどなのです!

 

それくらい、ここ数年で急激に力をつけてきている選手がシュチェスニーなのです!

彼が最後の砦であるということは、相当良いプレーをしないとゴールを奪えないはずです。

 

ただ、ご紹介したように、

「やらかし癖もある!」ということで、今回ばかりはそれを期待してもバチは当たらないはず!笑

注目していきましょう!

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

ロシアワールドカップをもう一度視聴出来るのはU-NEXTだけ!

映像配信サービス・U-NEXTでは、

ロシアワールドカップの日本戦(全3試合)、決勝トーナメント(全16試合)の配信を行っています。

 

もちろん、パソコンでもスマホでも視聴可能。

31日間の無料トライアルも出来ますので、今すぐチェック!