マンチェスター・ユナイテッド所属のベルギー代表FWロメロ・ルカクのプレースタイルとプロフィール!!

この記事では、ベルギー代表FWのロメロ・ルカク選手のプレースタイルをご紹介します!

 

プロフィール

 

所属:マンチェスター・ユナイテッド

ポジション:FW

190cm94kg (25歳)

 

年代別代表に選ばれ続け、デブライネ・アザールらと共にベルギー黄金世代を担っています。

また、イングランド・プレミアリーグのの強豪マンチェスター・ユナイテッドのエースでもあります!

 

プレースタイル

 

ルカクの主戦場は、FWです。

190cm94kgの体格は、大会屈指のまさに¨重戦車¨。

 

ベルギー代表でもワントップとして、DFの前にどっしり構えます。

 

彼の特徴は以下の3つ。

  • 体格を生かした周りを活かすポストプレー。
  • DFを物ともしない、ペナルティエリア内でのヘディング。
  • 落ち着いた得点力

 

彼のDFを物ともしないポストプレーは、ベルギーの攻撃を活性化させます。

 

彼がゴール前でポストプレーを成功させることで、

周りでパスを受ける俊敏なメルテンス、アザールがより活きるのです。

 

また、大柄な体格ですが足元の技術も優れており、シュートのバラエティも豊富。

ゴール前での落ち着きもさすがで、194cmのヘディングも驚異的です。

 

強さ、上手さ、高さを兼ね備えたベルギーの点取り屋なのです☝

 

2017年末の親善試合より!

ベルギーの最前線にいる「9番」がルカクです!

 

弱点

 

彼が唯一欠けているのがスピードです。

フィジカルを活かしたドリブルは得意ですが、独力でDFラインを突破することはほとんどありません。

 

彼がまず選択するのは、アザールやデブライネなど、周りの選手にポストプレーで確実につなぐことなのです☝

ベルギーの攻撃陣も、ルカクのポストプレーに絶対の信頼を置いています。

 

そのルカクのポストプレーへの絶対的信頼が、弱点です。

 

つまり、ルカクのポストプレーをシャットアウトすることで

信頼してボールを貰う準備している選手たちを置き去りに出来るのです。

 

対策ポイント

 

とはいえ、世界最高峰でプレーするルカクのポストプレーは非常に強く、上手いです。

屈強なフィジカルの上に、194cmと腕、足、共にリーチの長さもあるのでディフェンスは手を焼きます。

 

対策としては

パスの出し際を狙うディフェンスです。

 

彼のフィジカルを活かしたポストプレーを取りきることは難しいです。

ですが、彼が反転してドリブルをするという確率は高くありません。

 

必ず、周りを活かすためにパスでリズムを作ろうとします。

このパスの出し際にDF陣がいかに勇気を持って足を伸ばせるかです。

 

DF陣は、彼に前を向かせなったことに満足するのではなく

彼のパスの出し際にいかにチャレンジできるか。

 

そこまで含めたディフェンスがカギとなります!

 

 

 

日本対ベルギーの試合をもう一度フルでじっくり観る方法は?【ロシアワールドカップ2018】

2018.06.29

ベルギー代表の主力選手4人の紹介記事まとめ!攻撃的な選手のプレースタイルをチェック!【ロシアワールドカップ2018】

2018.07.01