日本対ベルギー戦で実証?2対0は危険なスコアという格言の元ネタ・理由は?【ロシアワールドカップ2018】

ロシアワールドカップでの日本代表がベスト8を賭けて闘ったベルギーとのゲームは、

赤い悪魔をあと一歩のところまで追い詰めましたが、惜しくも2-3で敗れました。

 

サッカーにおいて「2-0は危険なスコア」だとよく言われます。

 

今回のワールドカップの日本代表の試合では、

奇しくもその格言の通りになってしまったわけですが、

そもそもなぜそのように言われるのかについて解説しています!

 

「2対0は危険なスコア」という格言の元ネタ・理由

 

「2対0は危険なスコア」と言われるのには、教訓となる有名な試合があるというわけではなく、

半分「戒め」として言われている傾向が強いです。

もちろん、実際にそういう例はいくつもありますが!

 

なぜかと言うと、「2対0」というスコアの場合、

  • 勝っている側→2点差で勝っているという余裕がある
  • 負けている側→2点差で負けているという焦りがある

 

という状態です。

 

ですが、この場合に、負けている側に1点が入ると

  • 勝っている側→2点差あったのに、あと1点で追いつかれてしまう。。
  • 負けている側→あと1点取れば追いつける!

 

という風に、メンタル面の優勢具合が逆転してしまうんですね。

 

要は、負けている側が「イケイケドンドン」な状態になり、

「気づけば逆転していた(されていた)」というようなことが起き易いのが「2対0」。

だから気をつけようね!って感じです。

 

 

さらに、「2対0」というスコアの場合、

  • 引き離すためにもう1点取りに行くべきか
  • リードを守りきる方向にシフトすべきか

 

という判断が難しいという点が挙げられます。

 

変に色気を出して前がかりになればカウンターを食らう恐れがありますし、

かといって守りに傾きすぎると、必要以上に攻め込まれてむしろ失点確率を上げることにも繋がります。

 

残り時間や相手との力量の差など様々な要素が絡んでくるので、絶対的な正解はないのですが、

いずれにせよ攻守のバランスをどこに置くのかという判断がとても難しいものになります。

 

実際のところはどうなのか?

 

ただ、実際のところ、

後者の確率の方が大きいということはほぼ有り得ないです。

  • 「2対0のスコアで勝っていたチームがそのまま勝つ確率」
  • 「2対0のスコアだったチームが逆転されて負ける確率」

 

2点先取出来れば、勝ち、最低でも引き分けに持ち込める試合が大多数でしょう。

 

つまり、2点を先制しながら、それをまくられて逆転負けを喫するということは、

両チームの間には本来相当なレベル差があるということも確かなんですね。

 

日本対ベルギーの場合

 

この試合の日本の戦いぶりは本当に素晴らしかったです。

その上で書きますが、やはり今回のゲームでも、両チームの間に地力の差はかなりあり、

最後はそこで押し切られたと言っていい内容でした。

2対0というスコアも、そこまでの内容を考えれば、

両チームにとってフェアな数字ではなかったのも事実。

 

日本の場合、「油断があった」というよりは、「2-0からどう勝ちきるか」「どうやって試合を終わらせるか」

というゲームコントロールの部分での経験値がまだ足りていなかったということなのでしょう。

(点差は異なりますが、2014年のブラジルW杯でも

コートジボワール相手に1-0からひっくり返されていますから、一朝一夕に解決出来る話ではないのかもしれませんが。。)

 

ですが、技術や能力、規律の面などにおいて大きな差がないことは実証できましたし、

強豪国に対して1歩も引かない戦いは出来るようになったわけで、

今後の日本代表にはさらにもう一段高いレベルに到達出来るよう頑張って欲しいですね!

 

日本対ベルギーの試合をもう一度フルでじっくり観る方法は?【ロシアワールドカップ2018】

2018.06.29

【ロシアW杯2018】サッカー日本代表のおすすめ応援グッズをまとめてみました!

2018.03.31

 

ロシアワールドカップをもう一度視聴出来るのはU-NEXTだけ!

映像配信サービス・U-NEXTでは、

ロシアワールドカップの日本戦(全3試合)、決勝トーナメント(全16試合)の配信を行っています!

 

もちろん、パソコンでもスマホでも視聴可能です!

31日間の無料トライアルも出来ますので、今すぐチェック!

 

スポンサーリンク