筑波大のイケメンMF・三苫薫選手のWiki風プロフィール・経歴とプレースタイルをご紹介!

この記事では、ロシワワールドカップ2018のNHK中継にも出演している

筑波大のイケメンMF・三苫薫選手について迫っていきます!

 

今後プロで活躍すること間違いなしの有望株ですので、要チェック!

 

三苫薫選手のWiki風プロフィール

名前

三苫薫(みとまかおる)

「みこけ」ではありません!念のため!

ポジション

MF

背番号

7

誕生日

1997-05-20

年齢

21歳

身長

177cm

代表歴

18年:U-21日本代表 パラグアイ遠征(3月)、トゥーロン国際大会(5月)

17年:U-20日本代表 M-150杯(12月) ユニバーシアード日本代表

16、17年全日本大学選抜

 

プレースタイル

 

足元の細かい技術が光る攻撃的MFで、そのドリブルセンスは既にプロレベル。

スピードに乗ったドリブルも得意としている上に、

相手の重心の逆を突く感覚にも優れているので、ディフェンスはなかなか間合いが掴めないようです。

 

さらには得点力と運動量も兼備していて、「単なる上手い選手」で終わらないスケール感を持った選手です!

 

経歴

 

川崎フロンターレのユース出身で、幼少の頃から同年代と比べても図抜けた存在だったようです。

実力は折り紙付きということで、

トップ昇格は半ば当然といった空気だったそうですが、その進路を蹴って筑波大へ進学しました。

 

周りからの評価とは裏腹に、

当時の三苫選手は自分がプロでやっていくことに確信を持てなかったようです。

 

そして、真の意味での実力と自信を得るために、筑波大進学後もサッカーと勉強の両立に励みました。

 

その努力が実を結び、一躍日本サッカー界に「三苫」の名を轟かせたのが、

2017年6月に開催された天皇杯・第2戦のベガルタ仙台戦です。

 

是非動画を見ていただきたいのですが、

この試合で筑波大はベガルタ仙台を下す大番狂わせを演じます。

 

その立役者が、2得点を挙げる獅子奮迅の活躍を見せたのが三苫選手!

2点目は勝負を決定付ける1点で、それも要注目ではあるのですが、

特に1点目は本当に圧巻なので、是非ご覧になってみてください!

 

そんな三苫選手の活躍ぶりには、

進学後もずっと追い続けた川崎フロンターレの向島建スカウトも目を細めたようです!

ちなみに向島スカウトは、元清水エスパルスのプレイヤー。

川崎フロンターレ所属で、現日本代表MF・大島僚太選手を発掘したことでも知られています!

 

まとめ

 

以上、三苫薫選手のプロフィール及び経歴についてでした!

本当に上手いプレイヤーで、Jリーグや日本代表での活躍が期待されます!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

日本対ベルギーの試合をもう一度フルでじっくり観る方法は?【ロシアワールドカップ2018】

2018.06.29

【ロシアW杯2018】サッカー日本代表のおすすめ応援グッズをまとめてみました!

2018.03.31

 

ロシアワールドカップをもう一度視聴出来るのはU-NEXTだけ!

映像配信サービス・U-NEXTでは、

ロシアワールドカップの日本戦(全3試合)、決勝トーナメント(全16試合)の配信を行っています!

 

もちろん、パソコンでもスマホでも視聴可能です!

31日間の無料トライアルも出来ますので、今すぐチェック!

 

スポンサーリンク