次期サッカー日本代表監督候補・森保一氏の経歴&プロフィールをご紹介!

この記事では、次期サッカー日本代表監督候補の森保一さんについてご紹介しています!

 

森保一(もりやすはじめ)の選手経歴

 

現役時代はサンフレッチェ広島・京都パープルサンガ・ベガルタ仙台でMFとしてプレーし、代表経験も豊富な森保さん。

特に92~93年の日本代表、ハンス・オフト政権では重用され、

「日本で最初にボランチというポジションを確立したプレイヤー」としても知られています。

現在では、「ボランチ」というポジションの定義は多岐に渡ります。

森保さんは「守備専門のMF」という、「ボランチ」本来の定義を体現していたプレーヤーでした。

 

森保一の監督経歴

 

サンフレッチェでは2012年から監督を務め、4年間で実に3度のリーグ優勝を達成するなど、黄金世代を築いた立役者です。

あの時のサンフレッチェは本当に強かった!

 

現在はU-23日本代表の監督を務めていて、A代表の監督に就任するとなれば、

世界的に見ても異例である「兼任による」代表監督就任となります。

 

森保さんに関しては、近年監督業でイマイチ成果が出ず、

一時期の凄みが薄れている印象ですが、サンフレッチェでは熱さを全面に押し出して持ち前の統率力を発揮していました。

若手日本人監督として今後期待が持てる1人だと思いますし、

西野さんの後継を日本人監督にするのであれば、最有力候補の1人だと思います。

 

まとめ

 

個人的には、以下の要素を最低限クリアしてくれるのであれば、もう正直誰が監督になってくれてもいいです。

  • ある程度納得出来る選手選考
  • チームとしての型作り
  • 選手のモチベーション喚起!

 

森保さんであれば、選手たちとの意思疎通を図りながら、

新たな日本代表像を作ってくれる期待が持てます。

 

注目していきましょう!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

今のサッカー日本代表がザコで弱い原因はハリル!選手がダメと言っている人はサッカー分かってないよ!

2018.03.25

日本代表の主要メンバーの使用スパイクまとめ【2018FIFAロシアワールドカップ】

2018.03.28

【ロシアW杯2018】サッカー日本代表のおすすめ応援グッズをまとめてみました!

2018.03.31

スポンサーリンク