LIVE配信アプリ・ライブミー&イチナナで実際に1週間ほど配信してみた感想!

 

今流行りの(?)動画のライブ配信。

 

どんなもんなのかと思い、適当に検索してみたところ、いわゆる「エアプ」と言いますか、昨今の検索エンジンあるあると言いますか、

「実際にやってない(Or ほぼそれに等しい)奴が書いた」記事ばかりだったので、実際に試しました。

 

感じたことを羅列していきます。

 

稼げるの!?

 

え~テレビなんかでも最近ライブ配信についての特集が組まれていて、その中では華々しい方々ばかりが取り上げられるわけです。

しかし、なぜに、どうして、ところが、やはりそんなに甘い世界ではありません。

 

ライブミーで言うとですね、視聴者から贈られる「ダイヤ」を換金する形になるんですけど、これがだいたい25000ダイヤで5000円くらいなんですね。

そして、この数字、達成するのはかなりの道のりです。

 

LiveMeを使ってみた感想としては、「初心者が参入しても、誰一人見に来ないやん、、」っていうことはないです。

はじめてすぐでも、ちょいちょい誰かしらが見に来てくれます。

一番人気の「17(イチナナ)」だと、競合が多すぎるのか、そういう状況になる可能性は高いです。ちなみに僕はそうなりましたw

 

そして、その中で風変わりな人(?)や、自分を気に入ってくれた人がたまにダイヤをくれるんですけど、大抵は「数十の単位」なんですね。

もちろん、くれるだけで有難いわけなんですけど、じゃあ実際に「稼ぐ」というところまでもっていこうと思うと、簡単なことではないというのは想像に難くないのでは?と思います。

 

僕ははじめて1週間で100ダイヤほど頂いたんですけど、じゃあ「換金できるのはいつの日よ?」ってなった時にはなかなか気が遠くなるわけですw

(換金出来ずに消えていくライバーの屍の山、、)

 

人気者になれるかどうか

 

ライブ配信は人気商売の究極みたいなところがありますから、「稼ぐ」と「人気者になる」はセットのような感もあります。

 

で、基本的にはどっちも大変です。

テレビでは華々しい面ばかり取り上げられますが、そもそも継続的に配信する忍耐強さがない人はそのどちらにもなれないのは間違いないです。

 

ですが、「絶対無理!」だとも思いません。

YOUTUBEであれば、後発の人間はかなり不利を強いられる状況ですが、ライブ配信はそうは言ってもまだ歴史が浅く、

新たに参入した人に対しても風当たりは厳しくないです。

 

ただ!

一番問題なのは、「時間がかかる」ということなんですよね。

 

どんなに個性的で魅力のある人でも、多くの視聴者を抱えるライブ配信者になるにはかなりの時間がかかることは間違いないです。

最初はどうしても見に来る人の母数自体が少ないので、根気強くファン作りをしていく必要があります。

 

もし、あなたが「有名になりたい」という目的でライブ配信をするのであれば、それはけっこう非効率なんじゃないかと思います。

であれば、ライブミーや17(イチナナ)内で開催されているオーディションや、一般に開催されているオーディションなんかを受けた方が絶対早いです。

芸能界デビューしたいすべての人へ【YStar Produce 新人発掘プロジェクト】

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)

未経験から海外映画祭出演作品で俳優・女優デビュー!

 

 

ライブ配信であれば、「じっくりファンをつけていって、その先に芸能関係者の目に留まれば、、」って感じになりますけど、

オーディションであれば、極端に言えばアナタに1人もファンがいなくたって、光るものがあればすぐに認めてもらえますからね。

 

夢を追いかけるのは悪いことではないですけど、ツールのチョイスを間違えると超遠回りになったりもしますから、その点は気をつけましょう。