ハゲ漫才だけじゃない!M-12018決勝進出のギャロップの魅力をご紹介!

M-1ラストイヤーとなる漫才コンビ・ギャロップが決勝進出を果たしました。

「ハゲ漫才」という記号でくくられることも多い彼らですが、魅力はそれだけでは語れません。

全国的にはほぼ無名であるがゆえ、彼らの魅力を関西在住の筆者がお伝えします!

 

林・毛利共にイジられキャラ

 

頭髪が薄いツッコミの林さんは、既にイジられキャラとして(一部で)認知されています。

 

同期のダイアンがやっているラジオ「よなよな」では、「あの人の妄想プライベート」という

有名人がやっていそうなエピソードを投稿するコーナーがあります。

その中で、芸人を中心として色んな人のネタが投稿されるのですが、ダイアン・リスナー共に林さんが好き過ぎて、

「林健」というコーナーとして独立させてしまいました。笑

 

林さんは「林健(はやしたけし)」が本名。

 

林さんがイジりやすいキャラということもあるのですが、「何を振られても的確に返せる」という高いツッコミ能力がゆえ!

 

また、現在では林さんがよくイジられていますが、元々はボケの毛利さんの方がイジられキャラだったように思います。

「イジられ」というよりは、「ちょっとイタイかっこつけキャラ」みたいな感じで、アメトークにも何度か出演経験があります。

 

この「ちょっとイタイかっこつけキャラ」は林さんにも共通する部分があり、絶望的に華がないコンビではありますが、

じゃあテレビタレントとしての素質が無いかと言えばそうではないので、M-1をきっかけに大きく飛躍する可能性も十分あるのではないかと思います!

 

漫才が本当に上手い

ギャロップはもともと、M-1でも準決勝の常連でしたし、関西でも大きな賞をいくつも取っています。

それゆえ、「むしろなぜ今まで決勝に上がれなかったのか?」と不思議に思う関西人も少なくないです。

 

ラストイヤーの今年は、気合の入れ方が違ったのか、漫才の上手さにさらに磨きがかかった気がしますね。

特に、毛利さんに関しては「あれ?毛利さんってこんなに上手かったっけ?」と予選の動画を観て驚きました。

 

観ている人に対して話の筋がスッと入ってきやすいように漫才全体をコーディネートしていく様が本当に達者で、

「これは今年こそ決勝に行けるのでは?」と予選初期の段階で思わせてくれました。

 

実際、漫才の上手さではそうそう右に出るものはいないレベルに到達していると思いますし、

ザ・上方漫才な正統派しゃべくりコンビは稀有な存在なので、今後の活躍に期待です!

 

おまけ

 

「過去のM-1グランプリをもう一度観たい!」という方は、Amazon Prime Videoで視聴可能です!

 

月額400円(税込み)がかかりますが、30日間の無料体験も出来ます。

M-1グランプリは2001年から2017年までの全放送回を視聴可能ですし、お笑いをはじめ、他ジャンルの動画も豊富なラインナップになっています。

 

ちなみに、これまでの傾向から判断しても、2018年大会決勝の配信も行われると思いますので、今のうちにチェックしておきましょう!