東京オリンピックの偽メール・詐欺メールの特長!ドメインやURLに注意!

いよいよ来年に迫った東京オリンピック。

6月20日は、観戦チケットの抽選の当落が発表されて話題になっています。

 

しかし、その観戦チケットの当落をめぐり、偽メール・詐欺メールが出回っています。

多くの人が関心を寄せるイベントだけに、悪いことを画策する人間も残念ながらいるようです。

 

そこでこの記事では、偽メールや詐欺メールも特長についてまとめていきます!

 

偽メールや詐欺メールの特長

URLの記載がある

チケットの当落結果の詳細は、東京オリンピック公式サイトのマイページに自分でログインして確認します。

そういった仕様もあり、本物の当選メールの中にURLの記載はありません。

 

別のURLに誘導するメールは100%詐欺メール・偽メールになりますので、注意しましょう。

もし誘導先でこちらからアクションを起こさなくても、ウィルス感染や情報漏洩などのリスクもありますので、

絶対にクリックしないようにしましょう!

 

ドメインがtokyo2020以外

ドメインというのは、わかりやすく言い換えるとインターネットの「住所」で、ホームページを公開する際に欠かせないものです。

メールを送るには必ずドメインが必要ですが、このドメインが「tokyo2020」以外であれば詐欺メールです。

分かりにくい方は、メールの「差出人」のところの文字列に「tokyo2020」が含まれているかどうかをチェックしましょう!

 

電話・手紙・書類での連絡

これは厳密に言えば、「メール」以外の事柄も含まれていますが、

東京オリンピックの観戦チケットの当落はメールのみで行われます。

 

電話がかかってきたり、手紙や書類での連絡はありませんので、その点も注意して頂きたいです!

 

まとめ

 

本当に大きな注目が集めるイベントですので、悪い人間たちもあの手この手で抜け道を考えてきます。

自分のところにはそういったメールなどは届いていないよ~という方でも注意は必要です。

 

既に詐欺サイト自体は100件以上確認されているようですので、少しでも怪しいなと感じるものであれば、

自分だけで判断せずに慎重に行動するようお願い致します!