大阪でのG20開催期間中のゴミ出し・ゴミ収集に関する情報まとめ!出せるもの・出せないもの

2019年6月28日(金)、29日(土)に大阪にてG20サミットが開催されます。

メンバー国や招待国の首脳、国際機関など、37の国や機関が参加し、経済分野を主要議題として毎年開催される国際会議です。

 

これまでに日本が経験したことがないくらい大きな会議になりますので、生活への影響も気になるところ!

そこでこの記事では、ゴミ出しについて、通常の収集パターンとの違いをご紹介します。

開催期間中はそもそも出すことが出来ないものもありますので、要チェック!

 

G20自体は27日、28日の2日間の開催ですが、ゴミ出しに関する変更は29日までを含みます。

通常の収集形式に戻るのは7月1日からです。

 

出すことが出来るもの

G20開催期間中に出すことが出来るのは以下のゴミです。

  • 普通ごみ
  • 古紙
  • 衣類

 

とりあえず、「生ごみが溜まる、、梅雨の時期なのにヤバい、、」という事態は避けられます。

注意点その1

上記3つのうち、出すことができるので通常の収集日に、該当するものがある場合です。

期間中だけ特別に出せるという意味ではないのでご注意ください!

 

注意点その2

期間中は、阪神高速道路の交通規制の影響により、市内に交通渋滞が発生し、通常よりも収集に時間がかかることが予想されます。

そのため、普段より収集時間が早まるようです、どの程度早まるのかについては公表されていませんが、

出すのであれば通常より少し早めの時間に出すのが望ましいです。

 

出すことが出来ないもの

出すことが出来ないゴミは以下の種類のものです。

  • 資源ごみ
  • 容器包装プラスチック
  • 粗大ごみ

 

上記のゴミは、「一日でも早く出した方が良い」というものではありませんので、

少し我慢して、サミットが終わってから出すようにしましょう!

 

まとめ

 

出せないものに関しては、文句を言っても仕方ないので、無事に開催が終わるのを待ちましょう。

その他、より詳しい情報を知りたい方、ゴミ出しに関して緊急を要する事情がある方は、以下の問い合わせ先にご連絡して頂くのが良いかと思います。

お読み頂きありがとうございました!

 

大阪市 環境局事業部事業管理課

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3226

ファックス:06-6630-3581

メール送信フォーム

 

G20とは?分かりやすく簡単に解説!参加国もチェックしよう!

2019.06.27